yoshicaよしか

ここは、私のブログなのでやりたい放題です。 そして☆☆☆ 星をつけると大変喜びます。ニャ〜オ♪

「覚せい剤」私には武士道精神があるから

覚せい剤について一言

私の知識には、覚せい剤をやると、体を壊しやめられない体になってしまうぐらいで、メカニズムについては、全く知らない、、、
漠然と「手を出したら警察に捕まり怒られる」「依存性が高い」「体を壊す」ぐらいしかない。
なぜ、私がなぜやらないのかを説明するなら「武士道精神」以外なにものでもない!

今回、私が言いたい事は、私がやる・やらないではなく、覚せい剤教育についてです

私が知る覚せい剤教育では、覚せい剤使用者の体験談や覚せい剤を始めるきっかけ、症状などで、中身がすっぽり抜けてます

もっと詳しいメカニズムを勉強するべきだと思います。
覚せい剤が体のどこに作用し覚醒し、その後、体のどこが損傷し、どのような支障をきたすのか?もっと詳しいメカニズムを教えるのではなく、勉強するべきだと思います。

「教えるのではなく勉強するべき」とは、道徳の授業で教えて終わりにするのではなく、理科の授業などで取り扱いメカニズムをテスト問題に取り入れ、常識的知識にさせるべきだ!
(小・中学生には難しいかも知れないが、やらなければならない事です。)
私の言うメカニズムとは、「心拍数が上昇する」「脳が縮む」「幻覚をみる」とかの症状の原因、なぜ上昇し、なぜ縮み、なぜ幻覚をみるのか化学的な知識です。、

知識さえあれば、「覚せい剤が怖いもの」と言う認識から、「重大な損傷が体におこる」認識に変わるのではないだろうか。

覚せい剤を取り扱う業者も「これは体に影響のない、新しい覚せい剤だよ♪」と売らなくてはならなくなり、これほど怪しい売り方はないと思います。

*ここでの覚せい剤とは、全ての危険薬物の事です。